2018年1月~探鳥会、行事報告

2018年1月14日(日)昭和記念公園定例探鳥会







鳥合わせ ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、アトリ、カワラヒワ、イカル、アオジ 計34種   番外 カワラバト
(昼食後の)追加種 アオゲラ、ウグイス、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ

担当者さんの一言
 2018年の探鳥会を応援し祝福するような快晴、風は少々ありましたが,寒の時期にしては絶好の日和でした。参加者も初参加の二人とゲスト二人を含めて30人、鳥の種類も34種と参加者を上回り、新しい参加者にスコープに入った鳥を見てもらいながら、あらためてまじめに鳥の特徴や、見つける目当て・飛び方などが観察出来て良かったと思います。
 ぽかぽか日あたりのよいいつもの水辺で、恒例の新年の乾杯をし、今年も仲良く健康でバードウォッチングができるように寿ぎました。


2018年1月18日(木)多摩川平日探鳥会








 鳥合わせ キジ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、イカルチドリ、イソシギ、ユリカモメ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、
カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ      計38種 (番外2種、ガビチョウ・カワラバト)  


 担当者さんのコメント 前日の氷雨が嘘の様な、穏やかな探鳥日和となった。
 多摩川は昨年の増水の様を色濃く残し、岸辺の枯れた雑草は等しく下流を向いて倒れ、流れてきたプラスチックのゴミも目立ち景観としてはやや興を削がれる。そんな中でも、実に多くの冬鳥たちが群れて索餌行動に余念がない。捕食者の少ない厳冬期には多くの鳥が地面や雑草の中で餌を漁る。成程、冬場は探鳥シーズン、と再認識する。
 開始直後のグラウンドでは群れて採食する小鳥達を望遠。「カシラダカだ」、「否、タヒバリよ」との声。侃々諤々の議論にも断定に至らず未決となる。河原では至るところにヒラヒラと舞う多数のセグロセキレイやハクセキレイが、イカルチドリやイソシギを追うスコープの中に飛び込んでくる。この冬はセキレイが頗る多い。枯草の中にはスズメと思いきや、カシラダカ、ホオジロの群れが飛び交う。さらにはアオジもジョウビタキもシジュウカラも交じる。樹木の少ない河原の雑草地は身を隠す絶好の場所だ。中でも、いきなり目の前の枯草の中から雄のキジが飛び立ったのには驚いた。水鳥も豊富だ。コガモ、カルガモは常連。ユリカモメがたった一羽、目の前を悠然と飛翔する。アオサギは例によって彼方此方で佇んで動かない。一方、ワシタカ類はトビのみで寂しい。途中の鎌倉街道の関戸橋付近は大工事の最中で重機が唸っている。 付近には当然ながら鳥影は皆無。通路も判然とせず工事担当者に誘導されながら通過。
 ピクニック気分で昼食を済ませた帰り道、やっとカワセミが出現、これで鳥種が38種になって探鳥を終了。 天候に恵まれ、また少人数の割には多くの鳥を観察出来た満足の探鳥会であった。